読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療カイゼン委員会のおススメ

メンバーたちが、気に入ったり、 感動したり、ステキだったり。とにかく何でも気軽にいろいろおススメしていこうと思います。

『歯科医院スタッフ道』 第3章

こんにちは! 医療カイゼン委員会です。        

 

『歯科医院スタッフ道』の最後、

第3章です。

 

 

 

 

気づきがあったら

すぐに行動Actionに移すことが大切です。

行動して、

はじめて学んだこと(=成長したこと)

になります。

 

前回も書きましたが、

今置かれている現状に対して

不平・不満・愚痴・文句を言っても

何一つ変わりません。

新人ナースの皆さん一人ひとりが

できることってたくさんあるはずです。

 

『自分にできること』をしていく、

増やしていくしかありません。

 

結局のところ

自分の人生に責任を持つのは自分なのです。

 

さて、チーフに昇格した未来ちゃんが悩みます。

自分はリーダーに向いていない。。。

と訴える未来ちゃん。

 

その言葉に対して

彼氏の大志君が勤めている

美容院の社長から貰ったアドバイス。

 

「未来ちゃん、それは違うよ。

『この仕事が向いてない』じゃなくて

『自分が仕事の方を向いていないだけ』だって。

『仕事が合わない』じゃなくて

『まずは自分が仕事にどれだけ合わせられるか』だって

 

「何もやる前から、

 やったことがないから 

 向いてないっていうのは違うんじゃない?

 最初からできる人なんて、

 いないよ。

 うまくいかないなかで、

 試行錯誤していくなかで、

 自分が真剣にその仕事に向き合って、

 自分を合わせて変えていくことで

 できるようになるんだよ。

 それが成長するってことなんじゃない?」

 

5年後になりたい姿は?

 

未来ちゃんがミーティングでスタッフに語りかけます。

 

「今さえよければいいという

 キリギリス的な生き方ではなく、

 今という時間を将来に向けて

 目標をもって取り組むことで、

 得られる成果はまったく違てきます。

 しかし、

 人間は弱いもので、

 どうしてもラクをしたい生き物です。

 そんな私たちの力を引き出してくれるのが

 目標だと思うんです。

 目標があることで初めて、

 できたのか、

 できなていないのか、

 できていないとしたら

 どれくらいできていないのかが

 わかるんです。

 それがわかるからこそ、

 じゃあ、どうしたらいいのかということが 

 考えられるようになります。

 それがなければ、

 『私なりに一生懸命、やっている』

 という言い訳をし続けることになってしまい、

 それでは本人も成長しないし・・・」

 

これってまさしくPDCA

 

目標を持って、

PDCAサイクルを回していく。

そうすると自然に成長につながるってことですね。

 

未来ちゃんの成長ぶりを読んで

あらためて

目標設定とPDCA

大切さを再認識です。

 

目標設定とPDCA

 

現在は、コンビニの数よりも

歯科医院の数の方が多いと言われています。

競争の激しい歯科業界です。

今後の医療だって厳しくなるのは間違いハズ。

参考になると思います。

 

さて、

今年もいよいよ明日でおわりです。

年末年始に移動時間など隙間時間に

こちらもぜひご覧ください。

 

 医療カイゼン委員会ブログ

http://iryokaizencommittee.hatenablog.com/

 

看護学生のためのブログ

http://iryokaizencommittee-forstudent.hatenablog.com/

 

2016年がステキな年になりますように!